佐賀県産の露地栽培(温州)みかんの状況

佐賀県産の露地栽培(温州)みかんの状況

 6月に入り気温も上がり始め、綺麗に咲いていたみかんの花もほとんど散ってしまい、小さな果実を実らせています。各園地で生育状況が違いますが、柱頭がとれミニチュアサイズのみかんの姿になっているところも多く見られます。(平成22年6月2日)

 5月の連休に開花し、5月の中旬ぐらいには花が散り始めました。6月に入り、まだ花をつけているみかんの樹がある園地もありますが、ほとんどの園地で小さな実をつけている樹が見られます。その実も、花びらが散ってすぐの丸底フラスコのような形のものや柱頭もとれミニチュアサイズのみかんようなものなどいろいろです。

温州みかんの小さな果実?(平成22年6月2日)

温州みかんの小さな果実?(平成22年6月2日)

 もう少し果実が大きくなったら、果実の肥大を促進するため、余計な果実をつみ取る「摘果」を行います。

2010/06/02 園地情報   さがみかん運営者

カレンダー

4月 2024年5月 6月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031